ぶんたんの季節に

b0065678_127311.jpg

ほら、また手が出るよー。。。

文旦(特に皮をむいたやつ^^)は、
我が家の家族もみんな大好き!!!です。


毎年、1月下旬。
そろそろ「文旦」のご注文を開始させて頂こうか?
いや、まだもう1週間後の方が美味しくなりそう、
もうちょっと待とうか・・・という時期。

「もしもーーーし!そろそろ文旦の季節ですね!
 また送っていただけますか~(^^)??」


と、とーってもお元気なお声で
お電話くださる茨城のT様(^^)

奥様が大好物だそうで、
「器量はいいんですよー、美味しいのをひとつお願いしますね!」
「はい、わっかりましたー!お待ちくださいね\(^^)/」


・・・と、シーズン中に3回はお送りさせて頂いております。

昨年は、震災の影響で、お家も被害に遭われ大変だったご様子で
遠方ながら心配しておりましたが、
そんななかも
「高知の文旦を食べると元気が出ますから(^^)」
とお電話下さり、
お知り合いの方の分も送らせて頂いたり…。

そうして、先日、





昨年のノートを見返しながら、今年もそろそろ
お元気なお声を聴けるかしら・・・と心待ちにしていましたら、
初めて、T様の奥様から文旦ご注文のお電話が。

T様は出張か何かに出られているのかしら??と
お話をお伺いしておりましたら、
なんと、先日お亡くなりになったとのこと・・・。
まさか、と信じられない気持ちでした。
うまく言葉が出ず、涙があふれてしまいました。


冬でも日差しは暖かい南国土佐。

ポカポカの車を運転中、携帯のイヤホンから聴こえていた
独特の優しいイントネーションのお元気なお声。
まだ、今も、「こんにちは~」と
T様のお声が聴こえてきそうで・・・。


T様、これまで本当にありがとうございました。
奥様には、これまで通り、美味しい文旦をお送りさせて頂きますので
どうかご安心くださいませ。
心から、T様の御冥福をお祈りしております。
[PR]
by the8318 | 2012-01-25 00:29 | ●日々思うこと
<< おいしいスイカが食べたい 再見! >>